クロノマットのケースのお話

おはようございます。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

ブライトリングの旗艦モデル、クロノマットが初登場したとき、その斬新なデザインと画期的なムーブメントで腕時計業界を震撼させました。

ですが、クロノマットが凄いのはそれだけではありません。
ケースの作りが一段と進化しました。

その製造工程が凄まじい。
ベルト状の鋼材から粗材を打ち出し、完璧なケース欲にの形状に整えるまでの15回ものプレスを行い、その圧力の合計は、、、、、、なんと875トンにも及びます。

1,100℃で焼いてはプレスで叩く工程は、まるで日本刀を鍛え上げるような真摯なものです。

そして精緻に形状を整え、リューズなどの穴をあけ、細かなパーツを溶接し、最後は熟練の職人が美しくポリッシュをかけて完成します。

ケース全体の厚みは変えず、ラグを長くして高いフィット感を維持することに成功しています。

一方、裏蓋の厚みが増すことで500m防水を実現。
この防水検査がとてつもなく厳しい。

巨大な密閉容器内で、水の中に時計を沈め、クロノマット44なら50気圧の2割増しの圧力をかけ検査します。
空気圧のチェックで代替するメーカーが大半な中、一切の妥協がありません。

この防水性はもはやプロ仕様のダイバーズと同等です。

このようにして、美しく、着け心地よく、一段とタフな究極のケースが誕生します。

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*