セドナゴールドとは?

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

久しぶりの更新です。
更新が滞って大変申し訳ありません。

本日の記事はオメガが特許を取得した「セドナゴールド」についてです。

これはオメガ独自のローズゴールドで、色褪せない金色を目指して開発されたものです。

 

よく目にする「18金」とは、24分の18が金という意味です。
18/24=75%が純金という意味になります。

 

ロレックスの金時計を「金無垢」という方もいらっしゃると思いますが、100%純金で作られたケースというのはありませんので、実際には間違った表現となります。

 

そして18金の残り25%に何が含まれるかでホワイト、イエロー、ローズなどのゴールドになります。

 

セドナゴールドに含まれるのは

オメガが開発したセドナゴールドには、残り25%として銅とパラジウムが含まれています。

銅を混ぜるとゴールドに赤みが入ります。

そこにパラジウムを混ぜることによって、色褪せしないローズゴールドが生まれます。

 

因みにですが、ホワイトゴールドにはパラジウム系のシルバーなど、ロレックス独自のエヴァーローズゴールドにはプラチナが含まれているそうです。

 

セドナゴールドはオメガが特許を取得した素材です。

スピードマスター、シーマスター、コンステレーションなど幅広いモデルで使用され
ています。

 

オメガ コンステレーション グローブマスター 130.20.39.21.03.001

 

 

 

 

 

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*