ブライトリングの壮大な事業計画

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

 

 

 

ブライトリングがぶち上げた「100%クロノメーター化宣言」
これは、大企業のCEOならではの壮大な事業計画です。

皆さんご存知のとおり、近年、スイスの時計業界はグループ化が進んでいます。
大きなメーカーが、多少小さめのメーカーを飲み込みグループ化する。これは事業戦略として当然考えることでしょう。
それにより、効率よく取扱商品を増やしグループ化によって全体として更に大きく成長することができますので。

ただ、ブライトリングのCEOセオドア・シュナイダー氏は
長い伝統に培われた文化的側面をもつ時計において、効率だけを追求していくことはマイナス面もある。」と考え、ブライトリングの伝統を守り、その独創性を発揮させていくために独自の道を行く選択をしました。

そのための長期戦略の根幹が【100%クロノメーター化】でした。

このプロジェクトのテーマとして、ブライトリングの製品クオリティだけでなく、ブランドの姿勢そのものを内外に示し、その信頼を目に見える形で明示する必要があったこと。そして100%クロノメーターという時計史上、類を見ない事業を実現するには製造体制を位置から再構築する必要がありました。

全ての時計をCOSC公認クロノメーター規格にするということは、簡単なことではありません。
年間約14万本を生産する時計メーカーが量産ラインんで製造する製品を全て公認クロノメーターに合格させるとなると。。。。。

セオドア・シュナイダー氏がこの発想を得て発表したのが1999年。

その後、最新鋭の戦略ファクトリー:ブライトリング・クロノメトリーを完成させ、そこで製造されるすべてのムーブメントは、毎日、COSCに送られています。

セオドア・シュナイダー氏は

「100%クロノメーターは目的ではなく、新世紀を堂々と羽ばたいていくためのあくまで出発点です。」ときっぱりと言い放っています。

今後もブライトリングからは目が離せませんね。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*