ブライトリングの独自なフォルム

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブライトリングの独自なフォルムはどのようにして出来上がったのでしょうか?

ブライトリングのデザインを指揮する男として腕時計ファンに広く知られている人物が、
エディ・シェッフェル氏です。

セオドア・シュナイダー現CEOが絶大な信頼を寄せるデザイナーが成し遂げた仕事は、1990年代、独創的な「パイロット・ブレスレット」から始まりました。

エディ氏は

「あの斜めの線は、どのブランドにもなかったものです。
ブライトリングの信頼性と機能性を象徴する動きやダイナミックさを表現するデザインとして、私の中では早くから浮かんでいました。

飛行機のジェットエンジンのタービンに使われている線であり、絶対に必要な信頼性というスピリットも共通しているのです。

更に一目でブライトリングとわかる個性を求めました。」と話しています。

こうして誕生したブレスレットは大評判を呼びました。
腕時計では誰もやろうとしなかった斜めの線=リーニュ・オプリックは、腕時計ジャーナリズムの絶賛を浴びたのです。

今世紀早々、シェッフェル氏にクロノマットのモディファイの仕事がやってきます。
その構想は2003年にバーゼルで発表された第2世代「クロノマット・エボリューション」として日の目を浴びました。
この大成功はデザインの勝利でした。

シェッフェル氏は、クロノマットが初の自社製ムーブメント「B01」を搭載し、現行「クロノマット44」へと全面移行する、社運を賭けた節目にも当事者として参加しました。

「サイズも変わりましたが、重要な要素として『より快適に』という意思がありました。

ベゼルのライダータブに変更を加え、段差を構造に組み入れたのは ”快適な回し心地”を考えた結果です。
ケースの大型化にも、より快適に着用でき、細い手首にもフィットすることが重要なので、ブレスレットとケースの連結を可動にしました。」

このように新生クロノマットの誕生にデザイン面から深くかかわっているシェッフェル氏ですが、クロノマットに限らずナビタイマーのデザインにもそのデザインは取り入れられています。

デザイン面で紛れもなくブライトリングの超強力な戦力でありながら、シェッフェル氏は同社に所属したことがありません。
ブライトリングもその関係を尊重してきました。


「どんな新製品も、まず私が着用します。実際に着けることで、自分のデザインも製品も批判的に見ることができる。これが腕時計のデザインには決定的に重要なことです。

私は外部の協力者ですから、いつまでも批判的でいられるのです。」

当事者でいる限り見えない部分があるってことですね。
第三者の目で見るということが重要だと改めて気づかせていただきました。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*