次世代の主軸ムーブメント

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

毎年3月にスイスの工業都市バーゼルで開催される世界最大の時計・宝飾品の見本市 ”バーゼルワールド”ってご存知ですか?

昨年、ロレックスは2015年の新作とともに新ムーブメント「キャリバー3255」を発表して大きな注目を浴びました。

このキャリバー3255は、ロレックスの基幹キャリバーとして1989年以来生産され続けている3100系キャリバーの後継機という位置づけですが、90%以上が新しい部品で構成されているので、ほとんど新設計のムーブメントと言えます。

資料によると、キャリバー3255は「公認クロノメーターの2倍の精度を誇る」そうです!

これはロレックスの独自の検査方法によるものらしいですが、大々的に記載していることからかなりの自信を持っていると言えそうです。

どこが変わったのか?

まずは、パワーリザーブが(ゼンマイをいっぱいに巻いた状態からの持続時間)が48時間から70時間(3日間)になりました。
これまでの3100系は誰もが認める傑作ムーブメントでしたが、パワーリザーブに関しては他のメーカーが70時間のキャリバーを発表する中で、物足りなさを感じていたことは確かです。
その意味では開発に際して最優先事項だったと思います。

もう一つ、脱進機は、従来のスイスレバー脱進機の方式ながらアンクルのツメ石の厚さを半分にしてガンギ車との接触面を倍にしています。
また、ガンギ車の慣性を減らすため、歯の部分は中抜き(くり抜かれた状態)にすることで軽量化が図られています。

さらにアンクルをガンギ車に対して僅かに斜めにずらして配置するなどしたことにより、エネルギー効率を15%も増大させたそうです。

これはクロナジーエスケープメントと名付けられ特許を取得しています。

香箱は、動力源であるゼンマイが収められたパーツのため、パワーリザーブを延ばすうえで最も重要な部品です。
単純な話、この香箱を大きくして中に収められるゼンマイを大容量のものにしてしまえば、パワーリザーブは延びます。
しかし、そうなるとムーブメント自体が大きくなって、基本設計からやり直しになってしまいます。

今回は香箱の大きさを変えずにパワーリザーブを延ばすため、香箱の壁の厚さを半分まで薄くし、その分のスペースを拡大させました。

これは簡単な話ではありません。

パーツを薄くするためにはそれ相当の高い技術力が必要ですし、強い反発力をもつゼンマイに対する強度も必要です。
この二つの相反する問題をクリアすることが一番困難だったでしょう。

しかし、それを解決したからこそ、持続時間を10時間以上も延長することに成功したのです。

脱進機と香箱以外にも、新設計のテンプやリューズ周りのメカニズム、巻き上げ効率を上げたブールベアリング付きローターなど、新設計の部品は多岐にわたり、キャリバー3255に関して取得した特許は14件にも上ります。

ロレックスの技術の粋を集めて完成させた、次世代を担うにふさわしいムーブメントが誕生しました。

 

キャリバー3255搭載
デイデイト40 228206

 

 

 

 

 

 

 

安く仕入れてるんですが、それでもまだまだ高すぎですね。。。。。。。
もう少し安く仕入れられるところを、頑張って開拓します。。。。。

 

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*