解決!あなたの評価を上げる腕時計選び

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

 

突然ですが、皆さんは「ダサい男」と言われるのはどうですか?
嫌ですよね?
当然、「いい男」「カッコいい」と言われたいはずです。
さらにビジネスマンなら「デキる男」と言われたいと思います。

女性目線からしても、自分の旦那さんや彼氏が周囲の友人から「いい男」「デキる男」と言われるのは、心配な面があるけど嬉しいそうです。

 

「いい男」「カッコいい男」の外せないファッションアイテムの一つが腕時計です。

取引先との交渉の場などのビジネスシーンや大事な女性とのデートの場など、あなたの腕時計は相手の方にどんな印象を与えているでしょうか?

いくらスーツをビシッと決めていても腕時計がその服装に合っていなかったら・・・・・・最悪ですね。

 

外さない時計選びとは

当ブログでも何度かお話ししていますが、腕時計を選ぶ時は使用しているシーンを想像しながら選ぶのがコツです。
プライベートな時に身に着けるのは自分の好きなものを着ければ良いのですが、周りから「普段でもカッコいい」と言われるにはいくつか気を付けるべきポイントがあります。

1.服や靴など身に着けている物のスタイルや色とのバランスを考える

人それぞれ好みやセンスがありますから一概に言えませんが、腕時計だけが浮いて見えないように、服装と合わせてコーディネートを考えた方が見た目が良くなります。

アメカジ系、モード系などいろいろなスタイルがありますが、そういったスタイルに合わせてダイバーズやクロノグラフなど時計の種類を選ぶということです。

Men’s Joker」や「LEON」など普段読んでいるファッション誌を参考にすると解りやすいと思います。

 

2.服や靴など身に着けている物とのバランスを考える

バリっとスーツを着こなしているのに着けている腕時計が安い価格帯の物ではバランスが取れません。

また、服や靴の価格と比べて腕時計だけやたら高価な物であっても、腕時計だけ浮いてしまうでしょう。

やはり服装と合わせてトータルで考えることが大事です。

 

3.体形や腕、手首の太さとのバランスを考える

シュワル〇ェネッガーやス〇ローンのような筋骨隆々とした男性が小さな腕時計をしていると、腕時計の存在感がなくなります。

逆に菅〇将暉のように少女漫画から出てきたかのような細身の男性が大きくて分厚い腕時計をしていると、時計ばかりが目立ってしまいます。

基本的には個人の好みであり自由なのですが、周りの人たちからどのように見られているかを気にする方が、あなたの周囲からの評価は上がります。

他には肌の色に合わせたコーディネートを考えるという方法もあります。
「パーソナルカラー」と呼ばれる「黄み系」「青み系」の2タイプに色相で分け、その2タイプをさらに「明暗」「清濁」の2つに分け、春・夏・秋・冬の季節のカラーイメージの4つに分類する方法があります。

専門家に診断してもらうのが一番ですが、自分で傾向をつかむこともできます。
方法としては、指先を強く押します。
その指先にあまり赤みが出なければ「黄み系」、赤みが強く出る場合は「青み系」と判断します。

こちらのサイトが役に立つかもしれません。
自分に合う色は?簡単パーソナルカラーチェック

 

例えば革ストラップですと、「黄み系」はキャメルやライトブラウンなどの明るめの茶色、「青み系」はグレーやダークグレーなどの暗めの色のストラップが合い、メタルバンドなら、「黄み系」はゴールド系、「青み系」はシルバーやプラチナが合います。

 

顔の形でケース形状を選ぶという方法もあります。

最もポピュラーなラウンド型(真円形)はどんな人にも合いますが、特に丸顔の人に合うとされています。
またガッチリした体系の人はケースが厚めのもの、細身の人は薄めのものを選ぶとバランスが良くなります。

トノー型(樽のような形)は、卵型や逆三角形型の顔の人に合うとされています。
ケースの厚みや幅は体形に合わせると良いです。

レクタンギュラー(長方形)は細面の顔の人に合うとされています。
こちらも、ケースの厚みや幅は体形に合わせるべきです。

 

重要な取引先との商談などのビジネスシーンでは、相手の方に与える印象を大きく変えてしまう可能性があるので、最も注意が必要です。

 

 

 

 

 

基本的なポイントは以下の通りです。

1:時・分・秒の三針、もしくは時・分の二針のシンプルなデザインの物を選ぶ。

2:手首の太さにもよりますが40mm前後の物を選ぶのが良いでしょう。

3:文字盤の色は城が良いです。
時刻表示は数字のものより棒状の「バーインデックス」の方がすっきりと洗練された印象を与えます。

4:ケースの形はラウンド型(真円形)を選びましょう。

5:ケースの色はシルバーを選びます。
肌の色が黄み系の人は落ち着いたゴールドが似合いますが、相手の方によっては良くない印象を与えることもありますので、シルバーが無難です。

ベルトの金具の色も合わせると、さらにバランスが良くなります。

6:ベルトは革ストラップが良いでしょう。
夏場に汗で蒸れるのが気になる人は、メタルバンドと使い分けると良いと思います。

7:革ストラップの色は黒にしましょう。
ストラップの色はベルトや靴など他の革製品の色と合わせるのが基本です。革ストラップは黒や茶など数本用意するのが良いですね。
メタルバンドの場合は、派手なゴールドは避けましょう。

 

上記のとおり、腕時計は使うシーンに合わせて数本使い分けるのが理想的です。
しかし、そう何本も腕時計を買えませんよね。
まず一本、選ぶとしたらビジネスシーンなどのフォーマルな場所での使用を基準に選ぶべきです。
フォーマル向けの時計をカジュアルな場で着けていても問題にはなりませんが、逆の場合は大いに問題になってしまいます。

 

女性の目線、気になりますよね。
というか、男たるもの、常に女性の目を気にすべきです。

女性が男性のどこを見るかについて、よく挙げられるのが男性の腕です。

腕や手に男らしさを感じる女性が多く、当然、腕に着けられている腕時計も女性に注目されます。
ですので、センスの良い腕時計を着けるということは、女性に対して大きくアピールすることができるということになります。

ビジネスシーンなどで女性を相手にする場合、腕時計を着けていないというだけでイメージダウンに繋がることもあるでしょう。

女性は、男性の身だしなみや清潔感などは当然として、服装や身に着けている物のセンスで「デキる男」かどうか判断していると言っても過言ではありません。

スーツをきちんと着こなした男性が時計をちらっと見て確認する姿、男らしい腕から腕時計を外すしぐさなどにドキドキする女性も多いそうです。

腕時計選びと合わせて意識すると、あなたに対する周囲の女性からのイメージが変わってくるでしょう。

 

オススメ腕時計紹介

ロレックス デイトジャスト Datejust II 116300

 

 

 

 

 

 

 

金属の塊をくり抜いたケースに腕時計の心臓部であるムーブメントを収納し、裏蓋・ベゼル・リューズをねじ込み式にすることで高い気密性を実現した「オイスターケース」

1931年にロレックスが特許を取得し実用化となった、360度回転式ローターによる自動巻き機構「パーペチュアル機構」

1000分の数秒で夜中に日付が切り替わる「デイトジャスト機能」という、ロレックスの三大発明を詰め込んだ代表的モデルです。

 

オメガ  スピードマスター  Professional Moonwatch 3570.50.00

 

 

 

 

 

 

 

スピードマスターはNASA(アメリカ航空宇宙局)の公認クロノグラフ。

アポロ計画でも使用され、1969年には月面に降り立った最初の腕時計という栄誉を獲得、それ以後、裏蓋には “FIRST WATCH WORN ON THE MOON” の文字が刻まれています。
1970年アポロ13号が月に向かう途中で酸素タンクが爆発するという大事故に遭遇し航法用コンピュータが使用不能になってしまいましたが、「スピードマスター」を用いてロケット噴射時間の制御を行い、全員無事生還を果たしたことでさらなる信頼を得ることになりました。

多くの高級時計がサファイヤクリスタルの風防を採用する中、プラスティック製の風防を採用しているのは、「無重力状態の中、ガラスが破損して破片が飛び散らないように」という開発当初の目的を守っているからです。

 

ブライトリング  クロノマット44 AB011012-B967-375A

 

 

 

 

 

 

 

ブライトリングは1884年創業、1915年には世界初のクロノグラフ腕時計を開発するなど、クロノグラフのパイオニア的ブランドで、コアなファンが多いブランドです。

1936年に英国空軍の公式時計となり、さらにはアメリカ軍、世界各国の主要航空会社のコクピットクロックを製造するなど、多くのパイロットからの信頼が厚いブランドです。

クロノマット 44は完全自社開発のムーブメント「キャリバー01」を搭載するブライトリングの旗艦モデルです。

 

タグ・ホイヤー  カレラ  Carrera WAR2011.FC6266

 

 

 

 

 

 

 

CARRERA(カレラ)とは、スペイン語で「レース」や「情熱」という意味です。
1950年代に開催された伝説のレース「ラ・カレラ・パナメリカーナ」にインスパイアされて1964年に誕生しました。

シンプルで機能的なダイアルデザインにより、多くの有名レーサーに愛用されてきた名作クロノグラフです。
そのオリジナルのDNAを継承しながら、今も進化を続けているタグ・ホイヤーの伝統と革新が感じられる代表作です。

 

悩みに悩んでようやく買ったお気に入りの高級機械式腕時計。
でも、機械式腕時計はデリケートで、扱いに注意が必要だし、メンテも欠かせません。

 

普段の取り扱いやお手入れ方法は、右側のカテゴリー欄の「お手入れ方法・メンテナンス」かわ過去掲載の記事をご覧ください。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*