防水表記の本当の意味

おはようございます。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

先日、「30m防水は水深30mまで潜れるということではない」という記事を書きました。

本日は、防水性能表示の本当の意味についてお話します。

・日常生活防水(3~5気圧防水相当)

本当の意味:最低限の防水性能だから土砂降りは避けたい。

”日常生活防水”と表記されるのは30m防水か50m防水のことです。
汗や雨にぬれても耐えられる程度の防水でしかありません。
急激な圧力の変化には耐えられない可能性もあるので、洗顔時に水滴がかかるくらいなら大丈夫ですが、直接水をかけるのは危険です。
激しい土砂降りに遭遇したら腕時計を外すくらいの気遣いが必要です。

・100m防水(10気圧防水相当)

本当の意味:マリンスポーツを楽しめる防水性能だが、水没は厳禁!

川辺やビーチでの軽いマリンスポーツや、ヨット、ボートを楽しむ時に着用しても問題ない防水性能です。
しかし、プールへ飛び込んだり、水中で激しく腕を動かすと10気圧を超えて水が内部に侵入する恐れがありますので注意が必要です。
防水テストなどの定期検査も必須です。
プロレベルのスポーツには到底耐えられませんが、ダイビングをしない一般の人にはこのクラスの防水性能でも大丈夫です。

・200m防水(20気圧防水相当)

本当の意味:定期メンテナンスをきちんと行えばダイビングにも使える本格派

このクラスからは、スキューバはもちろん、一般的な大便にも対応する本格ダイバーズウォッチのクラスになります。
実はダイバーズウォッチの中でも一番普及しているのがこの200m防水モデルで、それだけにバリエーションも豊富です。
クロノグラフなどプラスアルファの機能を装備したモデルも多いです。
ただし、防水パッキンは経年劣化するため定期的なメンテナンスは必須です。

・300m防水(30気圧防水相当)

本当の意味:潜水時計として開発された生粋のプロフェッショナル仕様

JIS規格で空気潜水防水としてカテゴライズされる1種潜水時計に対して、飽和潜水用防水と呼ばれるのがヘリウムガス排出バルブを備えた2種潜水時計です。
200m防水でも、2種潜水時計資格はありますが主流は300m防水以上のこのクラスになります。
本格的な潜水業務に従事するプロダイバーにも適するスペックを備え、防水性能だけでなく耐圧性にも優れています。

・1000m防水(100気圧防水相当)

本当の意味:暗黒の深海で、想像を絶する水圧に耐える大深度ダイバーズ

地上の光が一切届かず、想像を絶する水圧がのしかかってくる暗黒の深海。
最新軍事潜水艦の最大深度と言われている300~800mを超える世界でも、きちんと時計として機能し、最高レベルの視認性、操作性を維持するハイスペックダイバーズです。
裏蓋とケースを一体化させるなど、メーカーごとの特殊構造も多く、正に最先端技術が降る投入されているクラスです。

いかがですか?

シャワーを強く当てて体と一緒に腕時計を洗ったため、内部に浸水して修理が必要になった・・・・という初心者のエピソードを笑ってはいられません。
そんな失敗が頻発する原因は、「防水表記」の本当の意味がきちんと伝わっていないからです。

例えば、「突然の土砂降りに合ったとき、傘をささずに突っ走るかも」という人は、100m防水以上が必要です。
日常生活防水では足りません。

サーフィンなど海に落ちる確率の高いマリンスポーツも200m防水が標準と考えた方が良いでしょう。

一方でヘリウムガス排出バルブは、まず必要ありません。
メンテナンスができていないと逆に浸水個所になりがちですし、そのバルブが必要な飽和潜水に従事する人は、ほんの一握りの特殊な職業の方だけですから。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*