高い時計には理由がある

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

当店が扱っている、ブライトリング、ロレックス、オメガ、タグ・ホイヤーなどのブランドは高級時計として知られています。

更に高額なオーディマ・ピゲのような時計ブランドもたくさんありますね。

高い時計には理由があります。

本格時計はシンプルな3針時計でも20万円ほどします。

何故これほど高額なのでしょう?
理由を辿ると、最終的には【手間がかかる】という結論に達します。

製造工程がオートメーション化できる工業製品と違い、機械式時計は仕上げや装飾、組み上げなど機械では代替できない工程が多くあります。
ネジ一つ一つを手で磨き上げ、1個1個の時間を調整し、さらに1週間かけて精度試験を行い、また調整する。
こうして気の遠くなるような手間をかけて初めて完成するのが、本格時計なのです。

ただ、需要と供給の市場原理から言って理不尽に高額すぎる価格設定の時計が、生き残れる可能性は極めて低いでしょう。
誰かが欲しがらなければ営利企業である時計メーカーも存続できませんが、アベノミクスによる円高や2015年のスイスフランショックなどで、輸入品である海外ブランドの国内価格は上昇を続けています。
ここ数年は、スイス時計フェア発表作を見ていると、どのブランドもかなり厳格に価格設定を詰めてきているようです。

異常な高騰を続けたバブル期を除けば、実は時計の価格を判断するのはそれほど難しくはありません。

注視すべきは「時計の価格」を決める5つの基本条件です。

基本条件1:ブランド力

知名度やステイタス性が市場の需要を喚起します。
知名度の高さは、どれだけ市場で支持されているかのバロメーターです。
ブランド名にステイタス性があれば、完成度が同レベルの時計でも欲しがる人が多くなり、高額化することになります。

基本条件2:人気動向

時代のトレンドにマッチした旬の意匠であるかどうか。
需要と供給の市場原理に直接影響を与えるのが人気動向です。
時代のトレンドやファッション界とも密接に関係しており、象徴的なのがブランドを超えた最近のオールブラックやビッグサイズ人気ですね。

基本条件3:ムーブメント

外見だけでなく中身に拘るファンが急増しています。
中級クラスの9割が使っているETA社の汎用ムーブメントか、あるいは高額だけど自社ブランドで開発したオリジナルムーブメントか。
どうせ買うなら、ムーブメントにも拘り、自社開発ムーブメント搭載のモデルを選択する方が増えています。

基本条件4:機能性

高度な機能が増えるごとに高額化は必至です。
時刻を知るだけの腕時計を起点に、クロノグラフやダイバーズなど機能が増えるとその分費用が掛かるのは当然ですね。
ただし、操作性が追いついていないと宝の持ち腐れとなりますので、チェックが必要です。

基本条件5:素材

ゴールドやレアメタルなどの素材価値も見逃せない条件です。
超高級ブランドでゴールドやプラチナなどの貴金属を大量に使ったモデルは、まれに”時価”と表示されることがあるほどです。
金相場の安い時期に買って高くなってから売ると。。。。。

勿論、時代の移り変わりや技術の進化、景気・不景気、流行などによって、それぞれの条件が持つ価格への影響力は変動します。

しかし、少なくともこの5つの基本条件を見極めることが「自分流の価値」を見つけ、理想の1本を探し出す近道となるのは間違いないでしょう。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*