解決!メンテナンスの疑問

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

当店のようなネットショップでご購入される際の一番の心配点は、ご購入後の「修理・メンテナンス」ではないでしょうか?
当店の取り扱っているブランドでは、正規店以外からのご購入の場合でもメーカーでの修理・メンテナンスを受けることができます。

しかし、メーカーでの修理となると時間がかかったり高額になってしまったりというデメリットもあります。

”時計が壊れた” ”なんだか時計の調子がオカシイ”と時計のトラブルに見舞われたとき、気軽に相談できると安心ですよね。
そこで当店オススメの時計修理店を紹介します。

“解決!メンテナンスの疑問”の続きを読む

お客様からのご質問

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

折角買ったお気に入りの時計。
日頃のメンテナンスが大事ということは当ブログの読者の皆様なら耳タコだと思います。

そんな中で、最近お客様からご質問のあった、ロレックスのメンテナンスに関する4つの疑問への回答をシェアしようと思います。

Q1:オイスターケースは何度研磨しても大丈夫というのは本当ですか?

A1:研磨とは、削って磨きをかける工程ですので、行うたびにケースは痩せていきます。
ただ、オイスターケースは鍛造によって成型されているため、他のブランドのケースに比べて素が出ることは少ないです。
ケースの分厚さや日本ロレックスが研磨を無料サービスしていることを考えると、研磨を前提としているので、ある程度まで実用強度も維持されるようですね。
もし、タフなフォルムが気に入っているのであれば、オーバーホール時の研磨は断っても良いかもしれません。

Q2:日本ロレックスでは文字盤交換ができるというのは本当ですか?

A2:依頼するモデルにバリエーションがある場合、日本ロレックスに持ち込めば文字盤料金と技術料金が必要になりますが、文字盤タイプの変更をしてもらえます。
また、交換前の文字盤は、依頼時に返却を希望しておけば基本的に返却してもらえますが、劣化が激しいと判断された場合は消耗品とみなされて返却はしてもらえません。
オーバーホール時に合わせて文字盤交換を依頼すると、技術料金が抑えられて、別途依頼するよりも多少料金が定額になります(文字盤交換に限ってみた場合)。

Q3:どの程度の故障であれば一般の時計修理専門店に依頼しても良いのでしょう?

A3:オーバーホールやリューズの折れなどのちょっとした故障であれば、一般の時計修理専門店に依頼しても問題ありません。
最近は独自のルートで純正部品を入手している修理店も増えているので、対応の幅は広がっています。
また、一般の時計修理店に持ち込んだからと言って、その後、日本ロレックスで受け付けてもらえないかということもないので安心してください。
ただ、セラミックやグリーンサファイアなどの特殊な部品が必要となる場合は、日本ロレックスに依頼した方が良いでしょう。

Q4:祖父の形見なんですが、アンティークだと修理を受け付けてもらえないと聞きました。

A4:日本ロレックスについていえば一部正しいです。
古い個体のパーツの大半は製造が終了しているため、日本ロレックスであってもパーツのストックが無い場合には、オーバーホールや修理を受け付けてもらえません。
メンテナンスが終了しているモデルの目安としては製造から30年以上経過しているかどうか。
こういった場合の対処法として、一部アンティークショップなどでは当時のパーツを独自にストックしている場合があるので、あきらめずに相談してみることをお勧めします。

日頃のメンテナンスをきちんとして、末永くお気に入りの時計を愛用したいですね。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

そんなところに置いちゃダメ!

おはようございます。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

お正月から暖かい日が続いていましたが、昨日あたりから平年通りの気温になってきましたね。
体調崩してないですか?

うちの子は一昨日あたりから咳が続いて、夜あまり寝られていないようです・・・・
代わってあげたい・・・・・

話は変わりますが、皆さんは外した腕時計をどこに置いてます?

機械式・クォーツを問わず、腕時計は非常にデリケートな器械です。
埃や湿気の少ない環境以外でも、こんなところに置いちゃだめですよ~~

1.水や火の近く
当たり前ですが、水をこぼして時計にかかってしまっては・・・・
こんな顔になること必定です・・・・

 

水や火が近いキッチン周りなどは、時計内部に水や湿気が侵入する恐れがあります。
そのほか、オール電化の住宅が増えIHコンロが設置されていますが、これは大きな磁力線を発生させています。
帯磁する危険が大きいので近くに置かないようにしましょう。

2.高い場所
当たり前ですが、落としてしまう危険があります。
時計は非常にデリケートな器械です。
落下させてムーブメントに影響が出ないようにしましょう。
そして直射日光が当たらないようにも注意してください。
文字盤の日焼けや防水パッキンの劣化に繋がります。

3.パソコンやテレビ、スピーカーの近く
パソコンやテレビ、スピーカーなどの機器は電源が入ることで強い磁気を発生させることはご存知ですよね?
そんなところに大切な腕時計を近づけると、帯磁して精度に異常をきたす恐れがありますので絶対に近づけないようにしましょう。

4.携帯電話と一緒に
一番やっちゃいそうなので注意しなきゃならないのがコレ!
ガラケーをはじめ、スマホなどの携帯電話、iPadなどは磁気を発していますので帯磁する危険性があります。
バッグの中に一緒に入れる場合など、要注意ですよ!

いかがでしたか?

腕時計は精密機械です。
折角のお気に入りの時計を調子悪くさせないように、外した後の置き場所にもちょっとだけ注意を払ってくださいね。

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

お手入れの小道具

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

めっきり寒くなりましたね~~

風邪などひいてませんか?
私はちょっと多めに脂肪分を着込んでますので、まだコートなしで歩けます。
でも油断しないように、帰ったらうがいをするようにしてます。

皆さんも、帰ってからの手洗いとうがいは習慣にした方が良いですよ。

昨日、お客様から「時計を外した後に拭くのはタオルでも良いか?」とご質問を頂きました。

簡単に言うと何でも大丈夫です。
古くなったTシャツを切ったものでも大丈夫です。

ちなみに、私は古くなったTシャツを切って、腕時計や革靴の手入れの際に使用してます。

ただ、タオルはそのままの状態だったらいいんですが、大きいからと言って切ったものを使うと、細かい繊維が出てしまい、かえって使いづらくなります。

時計を拭くときも一緒だと思います。
クロノグラフなどの竜頭に引っかかりやすいですし。

ちょっとだけ出費を我慢していただけるなら、眼鏡ふきが重宝します。
100円均一などで売ってますし、楽天市場でも売ってます。

何より大きさが手ごろですし、磨き上げるための素材ですから時計を綺麗に保つことができます。

 

 

もう一つ紹介したいのはメイク用綿棒です。
これも100円均一や楽天市場で売ってます。

メイク用綿棒は先端が細くなっているので細かい部分も拭き取ることができます。

汚れが固着しない間にこまめに拭き取ってあげると、時計も喜びますよ~♪

 

家に帰ってからのちょっとした一手間が、大好きな時計と永く時を過ごすための大切な時間です。
ぜひ、愛情をもって拭いてあげてくださいね。

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

ベルトって緩い方がいいの?

おはようございます。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

昨日もお客様から時計のベルトについてお問い合わせがありました。

その回答をシェアします。

そのお客様はベルトが緩くて着けていると時計が動く(手首を回転する)のが嫌なのだけど、その方がいいのだろうか?とのお話でした。
ご近所の時計店で調整してもらったとき、そのようにされたそうです。

私もあまり時計が動くのは好きではありません。
特に理由はありません。。。。。

何か落ち着かない気がして。。。。。

でも、緩めにしてます。手首で回転するくらいです。

何故かというと・・・・・・・

時計の裏蓋やベルトは直接肌に接しているので、汗や汚れが付着しやすくなってます。
汚れたままにしておくと錆て衣類の袖口を汚したり、かぶれの原因になったりします。

ベルトは余裕を持たせ通気性を良くして使ってください。
時計を着けた状態で、指1本が入る位が丁度良いです。

時計を外した時は、柔らかい布などで汗や水分をふき取るだけでも、時計の裏蓋、ベルト、パッキンなどの寿命が違ってきます。
是非、拭いてあげてください。

ついでにベルトのお手入れについて2点ほど。。。。

1.防水時計を海水に浸けた場合は、真水で洗ってから柔らかい乾いた布でふき取ってください。
そのままにしないでくださいね。

2.化学薬品(特にベンジン、シンナー、アルコール、洗剤などの有機溶剤)で洗うと化学変化を起こし、時計が劣化することがありますので、使わないようにしてください。

特に2点目、ご注意ください。
揮発性のアルコールを使えば汚れは落ちるしすぐに乾くし・・・と考えがちですが、使用しないようにしてください。

お気に入りの時計を永く愛用するためにも、毎日外した後は軽く拭いてあげてくださいね。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

ワインディングマシン

おはようございます。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

急に寒くなりましたね。

皮下脂肪が多い私も寒さに耐えられず冬服になりました。。。。。。
皆さん、風邪などひかないようにご自愛ください。

昨日、お客様から「ワインディングマシンのお勧めは?」とお問い合わせいただきました。

時々、ワインディングマシンの在庫を聞かれることもあります。
このように回答していますので、ここでシェアします。

ワインディングマシンとは、自動巻きの機械式時計を外している間、自動でゼンマイを巻き上げてくれる器械です。

 

おはようございます。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

急に寒くなりましたね。

皮下脂肪が多い私も寒さに耐えられず冬服になりました。。。。。。
皆さん、風邪などひかないようにご自愛ください。

昨日、お客様から「ワインディングマシンのお勧めは?」とお問い合わせいただきました。

時々、ワインディングマシンの在庫を聞かれることもあります。
このように回答していますので、ここでシェアします。

ワインディングマシンとは、自動巻きの機械式時計を外している間、自動でゼンマイを巻き上げてくれる器械です。

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

機械式時計の正しい使い方

おはようございます。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

今更ですが。。。。。

皆さんは正しい時計の操作方法をご存知ですか?
もしかしたら、間違った操作をして時計の寿命を縮めているかもしれませんよ?

お気に入りの時計を永く愛用するためにメンテナンスと同じくらい重要となってくるのが正しい操作方法です。
よくある間違った操作からあまり知られていない内部構造に優しい使い方まで、12の例を紹介します。

1.リューズは素早く回転させたほうが良いNG

リューズを一気に回した方がゼンマイが巻き上がりやすいと思うかもしれません。
しかし、早く巻き上げる方法だと輪列機構を高速回転させてしまって歯車の摩耗を招きます。
神経質になる必要はありませんが、1秒で1回転ほどの速度で回転させるようにしましょう。

2.日付はいつ切り替えても良いNG

早送り機構がついているモデルで注意したいのは、午後8時から翌午前4時までの間は早送りをしてカレンダーを変えてはいけないということ。
この時間帯は、カレンダーの円盤と送り車が噛み合っていて、無理に動かそうとするとそれぞれの歯車を破損する恐れがあります。
日付を早送りする場合は、この時間帯を避けるようにしましょう。

3.時計は使わないで保管した方が壊れないNG

機械式時計は長い間使用していないと内部の油が固まってしまいます。
そうなると、リューズの操作不良、パワーリザーブの短縮、パーツ同士の摩耗など様々なトラブルの原因となります。
時計は使うこと自体がメンテナンスになるので、2~3か月に1回は動かすようにしましょう。
長期間使用しない場合は、ワインディングマシンを使用するようにしましょう。

4.磁気を発生する製品は密着させなければ影響はない

機械式腕時計のビギナーでなければ、多くのユーザーは時計の磁気帯びに気を付けていることでしょう。
そこで知っておいていただきたいのは、磁気は距離の2乗に反比例して弱くなるということ。
磁気を発生するスマホやパソコンなどの家電製品から5cm以上の距離を離せばほとんど影響を受けません。
密着状態にだけはしないようにしましょう。

5.リューズをまくとき2~3回に1回、空回しした方が良い

リューズをまくときに空回しを加えると、ゼンマイ切れを防ぐ効果があります。
方法は、リューズを2~3回転させたら、逆方向に1回、空回しさせます。
これは、ゼンマイの僅かなたわみやズレをなおす効果があります。

6.オーバーホール時期を超えて使うNG

オーバーホールは4年に1回の間隔で行うようにしましょう。
理由は、この期間を超えると内部の油が古くなっていたり切れている状態になっている可能性があるためです。
精度が悪化していないと安心してそのまま使い続けると、パーツの損耗などを引き起こす可能性があります。

7.クロノグラフを常に動かし続けるNG

基本的に、クロノグラフは平時は止めておき、必要な時に作動させることを前提に作られています。
常に動かし続けると、ムーブメントのクロノグラフ機構に余計な負担がかかり、部品を激しく損耗させてしまいます。
長持ちさせるためには必要な時だけ作動させるようにしましょう。

8.アンティーク時計は逆方向に巻いてはいけない

古い時計のムーブメントは分針を逆方向に回すと内部機構にダメージを与えます。
時刻調整するときは時計回りに回すようにしましょう。
最近のモデルでもクロノグラフなど複雑な機構を搭載している時計は、逆方向に回さないほうが安全です。
5で記載したリューズを巻くときと混同しますが、時刻などを調整するときのお話です。
巻き上げの時は、空回しを加えるようにしてくださいね。

9.いつも決まった向きで置く

機械式は姿勢差によって精度が微妙に変化します。
そのため、決まった方向に置くことで時計の精度の変化に気づきやすく、コンディション把握に役立ちます。
ただし、特別な理由がない限り、リューズを下側にして置くことはお勧めしません。

10.ゼンマイは毎日決まった時間に巻き上げる

ゼンマイがほどけ切る直前はトルクが弱くなっていて精度が不安定になりやすい状態です。
その駆動力を安定させるには、常に半分以上巻き上げた状態が理想的と言われています。
自動巻きは毎日着けていればローターで巻き上げられるので問題ありませんが、手巻き式は1日1回同じ時間帯にゼンマイを巻き上げたほうが精度の狂いを抑えられます。

11.購入時についている裏蓋の保護シールを剥がさないNG

裏蓋の保護シールは、初めて腕に着ける前に剥がすのが正解です。
付けたまま使い続けると、汗が保護シールと裏蓋の隙間に入り込み、そのまま水分がたまる可能性があります。
最悪の場合、そこからサビが発生することもあります。

12.止まった自動巻きを時計を振って動かし始めるNG

早く巻き上げたいと思って、時計を大きく振るのはNGです。
リューズで巻き上げるのが鉄則です。
ローターによって巻き上げる力は、リューズで行う場合と比べて格段に弱いものです。
激しい振動によってローター軸に大きな負荷がかかり、正しく回転しなくなる恐れがあります。

いかがでしたか?
慣れると自己流に陥りがちな操作方法をこの機会に確認しておきましょう。
 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

【必見】永く愛用するためのお手入れ方法

おはようございます。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

せっかく手に入れたお気に入りの時計。
長く愛用したいですね。
そのためのお手入れ方法について、説明いたします。

リューズ&回転ベゼル

リューズや回転ベゼルは、汗や皮脂などによってホコリが固まりたまりやすい場所です。
または小石などが入り込んでいる場合もあります。

ここの清掃には、歯ブラシが活躍します。
リューズや回転ベゼルの隙間を柔らかい歯ブラシで軽くこすり汚れをかき出しましょう。
しつこい汚れや小石などを取り除くには、爪楊枝を使うと便利です。

風防

風防についた汗や皮脂は、専用のクロスを使うときれいに拭きあげられます。
ポイントは、内部に水気が侵入しないように乾拭きすること。
また、傷をつけないようホコリやごみがクロスについていないか確認してから行ってください。

当店の腕時計のほとんどはサファイアクリスタルを使用しています。
ダイヤモンドに次ぐ高度を誇っているサファイアクリスタルでも、落下などによって強い衝撃を加えると傷がつくことがあります。
サファイアクリスタルは高硬度のため研磨して修復することはできないため、この場合は風防の交換となります。

風防が曇ってしまった場合、この場合は内部に水分が侵入しています。
この場合、すぐにオーバーホールに出してください。
内部がさび付いて重症になると修理代金も高額になってしまいます。
軽度な水分侵入の場合は、乾燥させる程度で済む場合があります。

磁気帯びの確認

日によって精度に狂いが生じた場合は、時計が磁気を帯びてしまった可能性が考えられます。
原因としては、スマホやパソコンなどの電化製品です。

これをチェックするには方位磁石を時計に近づけてみます。
方位磁石の針が動いたら、時計の内部が帯磁しています。
軽い磁気帯でしたら、「脱磁器」という専用の機械で磁気を抜くことができます。

ご自身でメンテナンスを行うための10大グッズを紹介

ご自身でメンテナンスを行うにはご自宅にある日用品でも十分に時計をピカピカにできます。
ない場合には、100円ショップで入手が可能です。

1.歯ブラシ
パーツの隙間に挟まったごみを掃除するために使用します。
ケースやブレスレットを傷つけないよう毛先の柔らかいものを選んでください。

2.爪楊枝
歯ブラシでは届かないゴミや固着した汚れを取るのに使用します。
先を削っておくと隙間の奥まで入って便利です。

3.方位磁石
磁気帯びのチェックに使用します。
ない場合は、100円ショップで買っておきましょう。

4.セロテープ
ブレスレットを外す際、ラグ周りをマスキングして保護するのに使用します。
粘着力が弱すぎると作業中に取れてしまうので注意しましょう。
外したバネ棒などの小さな部品をセロテープに貼っておくと、どこかに行ってしまった・・・ということを防げます。

5.中性洗剤
ブレスレットを丸洗いするときに使用します。
洗浄成分が落ちやすいものがいいでしょう。液体せっけんでも大丈夫です。

6.洗面器
ブレスレットを丸洗いするときに使用します。

ここからは専門用具です。
時計専門店やAmazon、楽天市場などで入手可能です。

7.ポリウォッチ
プラスチック風防についた小傷を消すことができる研磨剤です。
非常に細かい粒子がペースト状になっていて、乾いたクロスに塗って使用します。

8.ステンレス用コンパウンド
ステンレススティール製のケースやブレスレットの傷、くすみを綺麗にできる研磨剤です。
汚れ落としや艶出しにも使用できます。

9.マイクロファイバークロス
極細ポリエステル素材が皮脂などの汚れを簡単に落とします。
洗って何度も使用できるのでコストパフォーマンスが高いです。
ほかにセーム革のクロスも人気があります。

10.バネ棒外し
ケースとブレスレットを繋ぎ留めるバネ棒を外す道具です。
両端は、I型とY型に分かれていて、ラグの形状によって使い分けられます。

お気に入りの時計を永く愛用するには日常のメンテナンスが重要です。
一日着用した後は、時計をいたわる意味でも、乾いたクロスで皮脂などを拭き取ってあげてくださいね。

 

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。