ブライトリング-機構・機能

ユーザーフレンドリーなムーブメント

おはようございます。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

これまでもブライトリングのキャリバーについてお話してきました。
その中でも「キャリバー01」については3度目になりますが、もう一度お話しさせていただきます。

伝統を重んじる機械式時計でも、進化なくして成功はあり得ません。
そのため新開発される自社製ムーブメントの多くは、新素材や新機構を搭載することで、既存モデルとの違いをアピールするのですが、その点キャリバー01は異なっています。

ユニークなのは ”ウォッチメーカー・フレンドリー”であるということ。
いくら優れたスペックを持っていても、技術者の手に余るような難解な機械ではその能力を発揮できません。
そこでブライトリングは、設計段階でアフターサービス担当者の意見を聞き、扱いやすいキャリバーを開発することに力を注ぎました。

そのため、ユニットとして動力源は共有していても機構的には独立している構造になっており、トラブルが起きている側だけを外して修理することができます。
すぐに不具合を特定できることが大きなメリットとなっています。

もう一つ重視しているのは耐久性。

クロノグラフは可動部分が多いのでシンプルなモデルよりもトラブル発生率が高くなります。
そのため、キャリバー01はとにかく頑丈に作られています。

キャリバー01では、プッシュボタンとコラムホイールの距離を近づけ、レバーを短くして耐久性を高めています。
そのため、ガチッとした少々重めの押し感になっていますが、これはパイロットがグローブを着けた状態でもその感触が伝わるようにしているのです。

ちなみに、ムーブメントの厚さが7.2mmあるのも耐久性を考慮した結果です。
肉厚のプレートでガッチリ抑えることで時計に強さを加えています。
つまり、”体幹がしっかりしたムーブメント”になっているのです。

70時間ものパワーリザーブは、長時間にわたって安定したゼンマイトルクを得られますが、これは精度調整の作業にも優位に働いています。

これらの優位性はメーカー側のメリットだけではありません。
メンテナンス性に優れているということは、作業効率も高まり、重要な工程に時間を割くことができるということに繋がります。
ひいては、修理期間の短縮になります。

驚くような新機構も新素材も搭載していませんが、実はかな~~り深いところまで考え抜かれているムーブメントなのです。
”ウォッチメーカー・フレンドリー”なムーブメントは、”ユーザーフレンドリー”なムーブメントでもあるのです。

このユーザーフレンドリーなムーブメントは、クロノマット44ナビタイマー01に搭載されています。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

ブライトリングの独自なフォルム

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブライトリングの独自なフォルムはどのようにして出来上がったのでしょうか?

ブライトリングのデザインを指揮する男として腕時計ファンに広く知られている人物が、
エディ・シェッフェル氏です。

セオドア・シュナイダー現CEOが絶大な信頼を寄せるデザイナーが成し遂げた仕事は、1990年代、独創的な「パイロット・ブレスレット」から始まりました。

エディ氏は

「あの斜めの線は、どのブランドにもなかったものです。
ブライトリングの信頼性と機能性を象徴する動きやダイナミックさを表現するデザインとして、私の中では早くから浮かんでいました。

飛行機のジェットエンジンのタービンに使われている線であり、絶対に必要な信頼性というスピリットも共通しているのです。

更に一目でブライトリングとわかる個性を求めました。」と話しています。

こうして誕生したブレスレットは大評判を呼びました。
腕時計では誰もやろうとしなかった斜めの線=リーニュ・オプリックは、腕時計ジャーナリズムの絶賛を浴びたのです。

今世紀早々、シェッフェル氏にクロノマットのモディファイの仕事がやってきます。
その構想は2003年にバーゼルで発表された第2世代「クロノマット・エボリューション」として日の目を浴びました。
この大成功はデザインの勝利でした。

シェッフェル氏は、クロノマットが初の自社製ムーブメント「B01」を搭載し、現行「クロノマット44」へと全面移行する、社運を賭けた節目にも当事者として参加しました。

「サイズも変わりましたが、重要な要素として『より快適に』という意思がありました。

ベゼルのライダータブに変更を加え、段差を構造に組み入れたのは ”快適な回し心地”を考えた結果です。
ケースの大型化にも、より快適に着用でき、細い手首にもフィットすることが重要なので、ブレスレットとケースの連結を可動にしました。」

このように新生クロノマットの誕生にデザイン面から深くかかわっているシェッフェル氏ですが、クロノマットに限らずナビタイマーのデザインにもそのデザインは取り入れられています。

デザイン面で紛れもなくブライトリングの超強力な戦力でありながら、シェッフェル氏は同社に所属したことがありません。
ブライトリングもその関係を尊重してきました。


「どんな新製品も、まず私が着用します。実際に着けることで、自分のデザインも製品も批判的に見ることができる。これが腕時計のデザインには決定的に重要なことです。

私は外部の協力者ですから、いつまでも批判的でいられるのです。」

当事者でいる限り見えない部分があるってことですね。
第三者の目で見るということが重要だと改めて気づかせていただきました。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

柔らかく高いフィット感を生むブレス

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

 

ブライトリングが世界初のクロノグラフの腕時計を登場させたのは1915年。

それ以来、ブライトリングは腕時計の製作に心血を注いできましたが、ブレスレットの分野でも今やトップクラスの位置を占めています。

腕時計の装着感は、その腕時計の満足度に大きく影響することから、ブライトリングはブレスレットの開発に力を注いできました。

現行モデルにおいてブライトリングを代表するブレスレットの一つが5連のパイロットブレスです。

このブレスレットの最大の特徴は斜めにカットされたコマ。
これは4メートルの棒状のメタル素材を、かなりの高精度で切り出し、成形して、手作業によるポリッシュ仕上げが施されています。

コマを綱くためのピンとリンクは、溶剤を使わず高温で溶接されるため、高い耐久性を持っています。
左右の端のコマの横から極めて微細なネジによりピンが固定されて組み上げが完了します。

コマの可動域は広く、動きも滑らかです。
これだけでも優れたフィット感は、クロノマット 44の場合、ブレスト長いラグとのアタッチメントが、可動式のエンドピースによって行われるため、さらに良好になっています。

ブライトリングのブレスレットでもう一つ秀逸なのはバックル。
通常の3つ折れ式は、プレートの重なる部分を金具で留めるだけですが、このバックルはさらに留め板(フリップ)を設け、バックルの上からそれを被せて二重に固定します。

フリップはかっしりとバックルのプレートを抑え込み、バックルが何かの拍子に解放されて、時計が脱落することを防止します。

 

 

ブレスレットの品質検査も実にハードです。
伸ばしたブレスレットに強烈な振動を与え、切断や曲がりが生じないかを検査します。
過酷な検査は、使用する私たちがその強度に不安を持たずに済むように繰り返し行われます。

微に入り細をうがって作られたブレスレットが、柔らかく高いフィット感を生んでいるのです。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

ブライトリング キャリバー13

こんにちは。

腕時計通販専門店Cronus店長です。

今日のテーマは、ブライトリングのキャリバー13です。

このムーブメントはスイスのETA社が供給する「バルジュー7750」をベースに開発され、20年以上も搭載され続けている圧倒的な完成度の高さを誇る、中核的なキャリバーです。

縦3つ目のクロノグラフである「キャリバー13」、それにトリプルカレンダーを追加した「キャリバー21」、横3つ目に改良した「キャリバー23」、GMT機能を追加した「キャリバー24」と様々なタイプがラインナップします。

バルジュー7750自体は1973年の誕生で、多くの高級ブランドが自社のクロノグラフに採用しているムーブメントですが、ブライトリングでは一度仕入れたムーブメントを分解し再度注油して精度を調整し、クロノメーター級の高精度に引き上げています。

制御方式にカムを採用し、しっかりとしたボタンの押し心地が特徴です。
最高のパフォーマンスを誇るキャリバーです。

キャリバー13はバルジュー7750
キャリバー21はバルジュー7753
キャリバー23はバルジュー7753
キャリバー24はバルジュー7754 をベースにしており、それぞれ機能やインダイヤルの並びなどに違いがあります。

キャリバー13の場合
部品数  247。
石数    25。
直径30㎜×厚さ7.9mm

毎時28,800振動。
パワーリザーブ42時間。
片方巻き上げ式の自動巻き。

このキャリバーの搭載モデルは多岐にわたります。

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

キャリバー01について、もう少し詳しく解説

おはようございます。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

ブライトリングが、旗艦ムーブメントとなるべく2009年にリリースしたキャリバー01については、昨日の記事でも説明しました。

今日はもう少し詳しく、そのメカニズムを解説してみたいと思います。

 

 

自動位置決めリセットハンマー

クロノグラフの針や12時間、60分の2つの積算計の針と同軸のハートカムを叩き、針の位置をゼロに戻す役割を担うリセットハンマーですが、普通のクロノグラフではメンテナンス時に入念な調整が必要となります。
しかし、このキャリバー01では、ハンマーの先端部がカムとの接触面を自動的に調整してしまいます。

24時間日付調整可能

通常、20:00~翌03:00までは日付調整はご法度です。
理由は日付ディスクを送りつつある部品に、日付調整のためのリューズの操作が余計な負担をかけてしまうからです。
しかし、キャリバー01では日付送り車はスプリング内蔵でフレキシブルな構造となっているため、カレンダー機構にダメージを与えることなく、いつでも日付調整が可能です。

蹴り上げ式テンプストッパー

時刻調整時に秒針を止めるストップセコンド機能において、普通はストッパーがテンプに触れるだけですが、キャリバー01では発停レバーがテンプを抑えてたわみます。
解除する際には、このたわみの応力を活かしてテンプに勢いをつけるため、ゼンマイが低トルク状態でも安定して再スタートすることができます。

垂直式クラッチ

近年注目されるクロノグラフの動力の伝達機構ですが、キャリバー01では動力車とクロノグラフ針と同軸の摩擦車が上下に密着してクロノグラフ計測がスタートします。
ストップ時には、2本のレバーが2つの車の間に割り込んで分離させ、摩擦車の回転がストップするという、合理的で信頼性の高い仕組みとなっています。

70時間以上のパワーリザーブ

昨日の記事でも紹介しましたが、ゼンマイをフルに巻き上げた状態で時計の動作が持続する時間であるパワーリザーブは、キャリバー01では70時間=約3日間もあります。
フル巻き上げで金曜の夜に外しても、月曜の朝まで動作が安定するということになります。
これは着用時間が短くとも精度が安定するというメリットもあります。

如何でしょう?

正にブライトリングの旗艦ムーブメントとしての性能を備えていますね。

昨日も紹介しましたが、代表的な搭載モデルとしては下記のモデルがあります。

クロノマット 44

クロノマット GMT

クロノマットGMTはキャリバー01から発展したキャリバー 04です。

ナビタイマー 01

トランスオーシャン クロノグラフ

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

ブライトリング キャリバー01

おはようございます。

腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

1999年にブライトリングが発表した「100クロノメーター化宣言」
それを実現すべく、2002年にスイスのラ・ショー・ド・フォン郊外にムーブメント工場クロノメトリーを建設したことはよく知られています。

2006年には、同じ敷地内にキャリバー 01の開発・製造を行う新工場を建設し、なんとその規模は、クロノメトリーの倍もあります。

その工場で、渾身の力を注いで完成させた自社製ムーブメントが「キャリバー 01」です。

自社工場で製造しているため生産数は安定しており、2011年にはGMT機能を追加したキャリバー 04も発表されています。

特徴としては
・2枚ディスクの接触により、クロノグラフのオン/オフを制御する”垂直クラッチ”を採用するため、針トビが少ない。
・リセットハンマーの”自動位置決めシステム”や、ベースムーブメントからクロノグラフ・ユニットを独立させた構造で、整備性が高められている。

という点があげられます。

部品数346。
直径30mm×厚さ27mm。
毎時28,800振動。
パワーリザーブ70時間以上。
両方向巻き上げ式の自動巻き。

代表的な搭載モデル

クロノマット 44

クロノマット GMT

クロノマットGMTはキャリバー01から発展したキャリバー 04です。

ナビタイマー 01

 

トランスオーシャン クロノグラフ

キャリバー01はブライトリングを代表する旗艦キャリバーです。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。