機能美あふれるナビタイマー

こんにちは。

輸入腕時計通販専門店Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

独特のデザインが、ファッションに敏感な女性の感性を引き付けるブライトリングのナビタイマー。

ナビタイマーの特徴といえば、ベゼルに設置された回転計算尺が目を惹きます。

この回転計算尺、誰が発明したのか、いつごろ誕生したのか、はっきりとした資料は残されていません。

一般的に言われているのは、1920年代の米国海軍士官学校指導官ウィームス大佐が考案したとされています。
彼は、1927年、有名なウィームス・システム・オぶ・ナビゲーションを確立し、その補助的な航法用具として多数開発したものの中に、回転計算尺があったといわれています。

ただし。。。。。。

それが世界初の回転計算尺かどうかははっきりとしていません。

では、この回転計算尺を世界で初めて腕時計に組み込んだのはブライトリングだった~~~~

といえば、華々しいのですが、そうでもありません。

実は、エイドリアン・シュバイツァーというドイツ人が1941年に特許出願していて、翌年、ウィリーブライトリングがそのパテントを購入してクロノマットに搭載したとされています。

その後、その実用性に早くから着目し、類まれな技術力により回転計算尺搭載クロノグラフを発展させてきました。

回転計算尺を搭載したブライトリング ナビタイマーは、ブライトリングの象徴でありフラッグシップ・モデルとして成長を続けてきました。

ナビタイマーには、男を引き付けて離さない機能美があふれています。

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。

宇宙空間で活躍を想定した時計

こんにちは。

輸入腕時計通販専門店 Cronus店長です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

ブライトリングのナビタイマーシリーズに、他のシリーズのウォッチとは明らかに一線を画したウォッチたちがあります。

それが、ナビタイマー コスモノート(Cosmonaute)です。

コスモノートを見てわかる通り、最大の特徴は24時間表示になっていることです。

「えっ?どゆこと?」

パッと見わからないかもしれません。

こちらの画像の時計の文字盤を見てください。

普通「12」の数字があるところに「24」、普通「6」の数字があるところが12時になっています。

 

「な~~んだぁ」とお思いでしょうけど、この技術はすごいものなんですよ。

コスモノートが誕生した1962年、NASAが本格的に有人宇宙飛行計画”マーキュリー計画”を進行させていた時代でした。

すでに世界各国空軍と航空会社へ計器を供給し高い評価を得ていたブライトリングは、この勇敢な人類の挑戦に共感し、ナビタイマーのスペーストラベル・バージョンの開発に着手し、昼と夜を区別することが困難な宇宙空間においても午前、午後を混同する恐れのない24時間表示のコスモノートを生み出しました。

同年5月、宇宙飛行士スコット・カーペンターは、宇宙船オーロラ・セブン号で衛星軌道飛行に成功しました。
その際、スコット氏の腕で正確に時を刻んでいたのがコスモノートであり、宇宙へ行ったナビタイマーとして語り継がれることになりました。

ブライトリング Navitimer Cosmonaute  AB0210B4-C917-447A

 

 

当店で販売する全ての腕時計は、正規代理店より直接仕入れている100%正規品かつA級品の新品です。ご安心してお買い求めください。